勤怠や給与に関する業務をサポート!

従業員数が多い会社でもスムーズな勤怠管理が可能になる

人材管理システムの導入を決める理由はそれぞれの企業の方針や事業内容などによりますが、特に従業員数が多い会社にとっては、スムーズに個々の従業員の勤怠管理が可能になるという大きなメリットがあります。たとえば、従業員の出退勤の時刻や有給休暇をはじめとした休暇の消化率、欠勤数などを一目で把握できるシステムは、国内の多くの企業の人事や総務の担当者にとって不可欠なものとなっています。最近では、パソコンのスキルに関係なく便利な機能をすぐに使いこなせる人材管理システムも続々と登場しており、大手企業を中心に導入を進めるところが増えています。なお、勤怠管理に特化した機能が備わっているシステムを選択するにあたっては、前もって人事の経験やスキルが豊富な専門家にアドバイスをもらうのも良いでしょう。

給与計算も楽々行えるため経理担当者の業務の負担を軽減できる

国内の民間企業を中心に普及している人材管理システムの中には、勤怠管理だけでなく給与計算の作業をスムーズに行えるものも珍しくなく、経理担当者にとっても、月末の面倒な手続きの負担を軽くすることができます。給与計算の機能が優れている人材管理システムは、従来の人事の専用のシステムと比べると導入コストが少し高くなったり、操作方法が難しかったりするものもあるため、慎重に自社のニーズに合うものを見極めることが重要となります。その他、理想的な形で人材管理システムを取り入れるうえで、できるだけ早い時期に給与計算を担当する現場の従業員にヒアリングをしたり、基本的な機能の使い方をレクチャーしたりすることも肝心です。