社員一人一人のスキルや評価が一目瞭然!

人材管理システムによる社員スキルの把握

社員が一定数以上いる会社において、社員それぞれのスキルがどのくらいかを把握することは重要です。何ができるかできないかだけでなく、そのスキルが弱い社員に対して集中して学習を行うことで、全体の底上げができるからです。こういったものは、人事や総務が聞き取りを行い、データにしていけばよいのですが、その上で便利なサービスがあり、それが人材管理システムです。人材管理システムを導入すると、社員のスキルが一目瞭然にリストアップされます。この業務を行うチームに誰を配属するか、といった悩ましい問題もデータから答えを導き出せるのです。スキルの内容は、業務に対する習熟度だけでなくコミュニケーション能力や緊急時のサポート能力にも及び、人事の総合的な判断を助けてくれます。

人材管理システムの様々な活用方法

また、会社によって多く進められているジョブローテーションにもそのデータは有効活用できます。ジョブローテーションは会社内の部署をローテーションする制度で、どんな部署に回されても大丈夫な様に社内の様々な業務を把握することで、総合的な力を付けさせるものです。誰をどこに回すかを判断するのに人材管理システムは非常に適しているのです。社員にどれくらいスキルがあり、どれくらい業務に貢献しているかは当然のことながら評価にも繋がります。特に昇給やボーナスなどの指標としてそれらは使えるため、人材管理システムは総務だけでなく管理部門でも有効活用できるシステムと言えるでしょう。小さい会社では使いにくいですが、中規模以上の会社ならば導入を検討してみる価値はあるのです。